CONTAINER"Instagram" やってます。

本ブログとは違った商品なんかをUPしているので、
そちらの方もヨロシク〜手(パー)

http://instagram.com/containerjunk


2012年11月06日

60~70's MIGHTY-MAC Corduroy Jacket



本日2回目は、

コアなファンも多いセーリングブランドMIGHTY-MACより、
コーデュロイのジャケットを紹介ぴかぴか(新しい)


[ 60~70's MIGHTY-MAC Corduroy Jacket ]


90年代に一度は消滅してしまったブランド"MIGHTY-MAC"
現在は復活しセレクトショップなんかで扱かわれてるようです。

こちらは60〜70年代位のもの目

mightymac_corduroyjkt01.jpg

当時セーリング(ヨット競技)は富裕層のスポーツだったため、
マイティーマックのウェアは素材も良く作りもしっかりしています船

上品なダークブラウンのコーデュロイにタイトなシルエットがオシャレなデザイン。
カジュアルにもフォーマルにも着こなせる優れものかわいい

これ一枚で冬は乗り切れます手(チョキ)



mightymac_corduroyjkt02.jpgmightymac_corduroyjkt03.jpg

絵になる後ろ姿るんるん
襟裏もボアがついているので首元もかなりあったかいです。



mightymac_corduroyjkt04.jpg

“MIGHTY-MAC Handsome Outerwear Out O'gloucester”
と表記してあります。

実 寸:肩幅48cm,身幅57cm,着丈79cm,袖63cm
Made in USA


【 MIGHTY-MAC 】

1908年創業のアメリカ最古の港町、マサチューセッツ州のグロスターで誕生したセーリング(ボート)ウェアブランド。 
グロスターがセーリング(ヨット)が盛んな町であった影響から主にセーリング用ウェアを多く作っていたブランドです。
当時からセーリングが富裕層向けのスポーツであった影響からかウェアにも上質な素材や当時の新しい素材を使用し高級なウェアとして扱われます。

1990年代に活動を休止するも、2009年より復活を果たしました。




mightymac_corduroyjkt05.jpg

フロントはダブルジッパーでTALON社製。

ウエスト部分のポケットは口が大きく縦に入ってます。
ポケット下にはアジャスターも目



mightymac_corduroyjkt07.jpg

ライニングのボアはこんな感じサーチ(調べる)



mightymac_corduroyjkt06.jpg

リブも綺麗な状態で残ってまするんるんひらめき

裾はボックスタイプ。




襟のストラップが欠損してますが、
それ以外は目立った汚れもなくコンディションは良好。

価 格:¥10290(税込)




Twitter
119
posted by container at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | vintage clothing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック